teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


使命・責任・人道

 投稿者:長屋修  投稿日:2016年 2月 7日(日)10時22分3秒
  件名: 使命・責任・人道
京都産業大学司法研究会 各位
「速さを比較するには運動の指標(ゴールもしくはスタート地点等)を一つに限定しておかなければならない」および「光をジグザグに折り曲げるには鏡など反射物が必要」という経験事実や認識はガリレイの相対性原理やアインシュタインの相対論を完全に破壊するものです。ところが、日本の法務省は教育の場からこれら事実を抹殺したのです。この事実は「世界中の子供達に対する日本国の人権侵害」に他なりません。詳細につきましては、
http://st-nagaya.jp/
の特に項8~項9を御覧ください。なお、大学当局は「知る権利(学生にとって最重要事項)」を尊重し、このメールを学生達へ十分に開示して下さい。宜しく御願い致します。
貴方方は、かかる日本の国の蛮行を容認しますか…。現状は科学文明の破壊どころか、「考え方と言動」という意味において、人類は宇宙の許されざる存在となっているのです。
*天網恢恢疎にして漏らさず(悪逆・悪道)。

※【0の正体】を発表しましたので、項10の末尾、
http://st-nagaya.jp/j4.pdf
も御覧ください。

学問の会 長屋修
TEL/FAX: 058-389-8539
E-mail: standard@st-nagaya.jp

http://st-nagaya.jp/

 
 

法務省が人権侵犯!

 投稿者:長屋修  投稿日:2015年 8月 8日(土)15時52分21秒
  件名:法務省が人権侵犯!
京都産業大学司法研究会 各位
予てより学問の会は、世界中の子供達に対する人権侵犯、学問発展の妨害につき、法務省と話し合ってきました。その結果、
http://st-nagaya.jp/doom6.pdf
の11~12頁の通り、「法務省の皆に対する人権侵犯(皆は税の奴隷)」が表面化しました。
学問の会は今後、法務省(その側に立つ者達)を糾弾します。法務省の人権侵犯は、語るべき真実です。つまり、人として、他の皆に伝える使命なのです。この活動は、貴方の御家族、親類、友達など皆の為です。なお、上記の活動の再度要請につきましては、貴方方の立場(人道と使命)の確認です。十分に御注意を…。
※天網恢恢疎にして漏らさず(悪逆・悪道)。

学問の会 長屋修
TEL/FAX: 058-389-8539
E-mail: standard@st-nagaya.jp

http://st-nagaya.jp/doom6.pdf

 

悪の枢軸 法務省

 投稿者:長屋修  投稿日:2015年 6月27日(土)16時31分59秒
  件名:悪の枢軸 法務省
京都産業大学司法研究会 各位
法務省との間で新たな進展がありましたのでHPを更新しました。
予め、
【悪の枢軸 法務省 http://st-nagaya.jp/doom6.pdf
を御覧ください。この事態は直接、貴方方に
関係することですから、対処してください。

*学問の会 長屋修
TEL/FAX: 058-389-8539
E-mail: standard@st-nagaya.jp

http://st-nagaya.jp/doom6.pdf

 

NHK経営委員らは鬼畜

 投稿者:長屋修  投稿日:2014年 3月29日(土)14時19分4秒
  京都産業大学司法研究会 各位

「NHK経営委員らは鬼畜」の問題は貴方方にも直接関係する事柄ですから必ず、
http://st-nagaya.jp/doom6.pdf
の後半を御覧ください(黙殺は危険)。

長屋 修
TEL/FAX: 058-389-8539
E-mail: standard@st-nagaya.jp

http://st-nagaya.jp/doom6.pdf

 

民主党の恐ろしい本性

 投稿者:長屋 修メール  投稿日:2011年 2月 2日(水)20時49分50秒
  京都産業大学司法研究会 様
貴方や子供達は洗脳されており、その件をめぐって民主党が本性を晒け出しました。
上記の原理的証明および事実関係は、サイトに掲載していますので、ご覧ください。

投稿者:長屋 修、59歳、男性、教諭
郵便番号:504-0846
住所:岐阜県各務原市蘇原吉野町3-83Florence吉野101

http://st-nagaya.jp/doom2.pdf

 

現役留学生らによる留学説明会@京都大学のお知らせ

 投稿者:米国大学院学生会  投稿日:2010年12月26日(日)16時02分38秒
  現役留学生らによる留学説明会@京都大学のお知らせ
米国大学院学生会
http://gakuiryugaku.net/

世界中から 優秀な留学生を集めるアメリカの大学院では、 多くの学生が学費を免除され、さらに給料を支給されながら切磋琢磨し、学んでいます。しかし、残念ながら日本では「学位を取るためにアメリカ大学院に留学する」という選択肢はあまり知られていません。

今回、アメリカ留学中の現役大学院生と、アメリカの大学院を修了し、世界で活躍する留学経験者が国際都市京都に集まり、アメリカ大学院留学の魅力を様々な視点からホンネで語ります。大学院留学を決意している方、迷っている方、 留学の予定は無いけどアメリカの大学院がどんな様子か知りたい方等、興味があればどなたでもご参加ください。京大生以外の方も参加できます!

多くの留学生や外国人研究者が活躍し、世界の頭脳が集まるアメリカの大学院で、あなたも学位取得を目指してみませんか?世界はあなたを待っています。

<日時>
2010年12月28日(火)  15:00-17:00(参加無料、事前登録不要、14:30~受付開始)

<場所>
京都大学吉田キャンパス 国際交流センターKUINEP講義室
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/map6r_y.htm

<当日のプログラム>
第一部 15:00-16:15 現役留学生、留学経験者による講演

講演内容(予定) 留学の動機、日米大学院の違い、出願方法、学位取得までの道のり、留学先での日常生活、卒業後の進路、就職、国際恋愛について、等

講演者(予定)
渋谷洋平(ダートマス大学 生化学科博士課程在籍中)
杉井重紀(ダートマス大学博士課程修了、現ソーク研究所/ハワードヒューズ医学研究所・上級研究員、 カガクシャ・ネット代表)
金子美穂(イェール大学 化学科博士課程在籍中)

第二部 16:15-17:00 質疑応答

上記スピーカーの他、下記の4名をパネリストに加え、会場からの大学院留学に関する質問に答えます。

宮崎勇典(スタンフォード大学 医学部博士課程在籍中)
坂本啓 (コロラド大学ボルダー校博士課程修了、現東工大助教 )
村上詩乃 (テキサス大学サウスウェスタン医学センター 博士課程在籍中)
小林すみれ(ダートマス大学 物理学博士課程修了 現同大学博士研究員)

<備考>
事前登録は不要ですが、参加者の方のご意見を講演内容に反映させるため、アンケートフォームを用意しました。ご協力よろしくお願いします。
また当日は説明会終了後に懇親会を予定しています。(お菓子・飲み物代として参加費500円頂きます。)現役留学生や留学経験者と交流し、直接話を聞くチャンスです。是非ご参加ください。

<お問い合わせ>
kyoto-info[at]dartmouth.edu (米国大学院学生会 渋谷)
主催:米国大学院学生会
後援:京都大学国際交流センター

http://gakuiryugaku.net/

 

教えてください。

 投稿者:神舎正昭メール  投稿日:2010年10月11日(月)17時29分15秒
  司法研究会の当面の予定を掲載していただけませんか?  

アトムズ

 投稿者:中村博一  投稿日:2010年10月10日(日)10時19分35秒
  雰囲気の意味を表していると考えました。  

無題

 投稿者:匿名  投稿日:2010年 9月 9日(木)11時50分16秒
   

無題

 投稿者:匿名  投稿日:2010年 9月 8日(水)00時58分5秒
   

レンタル掲示板
/21