teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


29.05.23

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月24日(水)07時51分6秒
  「スキャナー 記憶のカケラをよむ男(’15)」〇

評判がイマイチだったので、期待していなかったのがよかったかな?

監督が平成ガメラシリーズの金子修介。

とくに目新しいものはなかったです。
以前どこかで観たような読んだようなありきたりサスペンスでした。
 
 

29.05.22

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月23日(火)07時25分17秒
  「プロゴルファー織部金次郎 2 ~パーでいいんだ(’94)」△武田鉄矢の原作・脚本・監督・主演作品。

下町人情ゴルフドラマかな?トレーニングシーンなんかはロッキーからインスパイアされたみたい。

まぁ超B級映画です。今では名優に入る阿部寛も、棒立ち演技を見せています。

川谷拓三がいい味だしていたので、ちょっと評価UPしています。
 

29.5.20

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月21日(日)19時50分35秒
  「仁義なき戦い 頂上作戦(’74)」〇シリーズ第4作。

ちょっとポイントとなる人物がいなかったな。
第1作は松方弘樹、第2作は北大路欣也、第3作は渡瀬恒彦らが準主役として存在感がありました。(第2作の北大路欣也は実質的に主役)

これは第5作への布石なのか。
ネタが尽きてきたのか。
 

29.5.15

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月16日(火)18時46分28秒
  「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ (’16)」〇アベンジャーズが真っ二つに分かれて互いに戦います。
勢ぞろいした仮面ライダーやウルトラマンが二手に分かれて戦うみたいな。
もうすっごいシーンなんだけど、なんかアクションシーンに免疫ができてしまって
いまいちエキサイトできませんでした。

どちらにも正義があって、もう勧善懲悪のヒーロー映画は作れない。
本作の敵役も、過去のアベンジャーズの戦いに巻き込まれた一般市民の敵討ちが動機です。






 

29.5.9

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月 9日(火)21時53分25秒
  「喜劇・駅前金融(’65)」△金色夜叉がベースです。カンイチをフランキー堺、オミヤが大空眞弓。

金色夜叉を喜劇に!という意気込みは買いますが、失敗作ですね。
しばりが多すぎて自由奔放なシリーズの良さが消えてしまいました。
 

29.5.6

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月 7日(日)22時04分45秒
  「オケ老人!(’16)」〇ベタやってわかってて最後はウルウルしました。

もっとベタにできたと思いますが、そこは抑えたみたいです。

この手の作品のあと、音楽っていいなと思います。

今回はモノラルカセットレコーダーがツボでしたね。

TVの前で家族を黙らせて、ラジカセの録音ボタンを押してたことを思い出しました。
 

29.5.5

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月 6日(土)07時14分36秒
  「グッドモーニングショー(’16)」◎

大きな盛り上がりはありませんが、テンポのいい展開が気持ちいい。

中井貴一はコメディタッチの役柄をさせたら今ピカイチですね。
この点ではお父さんを超えています。
 

29.5.3

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 5月 3日(水)22時37分45秒
  「最高殊勲夫人(’59)」〇若尾文子と川口浩のラブコメディ。

当時のトレンディドラマですね。

大映映画ですが、東宝テイストの作品になっています。
森繁久彌や小林桂樹が出ていてもおかしくないテイストです。

気軽に安心して観られます。ビールのおともにちょうどいいです。
 

29.4.29

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 4月30日(日)08時44分25秒
  「怒り(’16)」〇スタートからラストまでぐいぐい見せます。

でも、観終わって何も残らなかった。

登場人物達の慟哭も客観的に見てしまい、誰とも共感できなかった。
唯一広瀬すずのあのシーンは、見ていられなかったくらいか。
 

29.4.28

 投稿者:ふじもと  投稿日:2017年 4月28日(金)22時23分46秒
  「RANMARU 神の舌を持つ男 酒蔵若旦那怪死事件の影に潜むテキサス男とボヘミアン女将、そして美人村医者を追い詰める謎のかごめかごめ老婆軍団と三賢者の村の呪いに(’16)×

TVドラマ最終回で映画化が案内されていました。
その後ひっそりと公開されていたようです。

ドラマもつまらなかったけれど、映画は悲惨でした。
製作側もそれがわかっているようで、オープニングこれまでのあらすじを紹介していましたが、
これが自虐的なものでした。

わかってるなら作るな!
 

レンタル掲示板
/127