teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


30.12.15

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年12月16日(日)07時27分31秒
  「嘘八百(’17)」〇中井貴一、佐々木蔵之介主演のコメディ。

それなりに面白かったです。

せっかく大阪が舞台で詐欺(騙し合い)がテーマなんだから、
もっとテンポの良い掛け合いがあればよかった。(それなりにはありましたが・・・)
 
 

30.12.14

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年12月15日(土)11時11分20秒
  「悪と仮面のルール(’17)」△中村文則の原作小説を玉木宏主演で映画化。

全編に不気味な雰囲気が漂っているのはいいのですが、その割に怖さを感じないので、
イマイチです。

主人公を含め登場人物のだれにも感情移入できない難しい映画でした。

多分原作が映像に向いていないのではないかな。
中村文則は「教団X」を読んだことがあります。
とても面白かったのですが、映像化するとするとただのエロ映画になってしまうでしょう。


 

30.12.8

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年12月 9日(日)07時22分1秒
  「生きものの記録(’55)」〇黒沢明監督作品。主演はもちろん三船敏郎。

でも、多分まだ30代の三船が60過ぎの老人を演じています。
あ、若いころのシーンがあるからかなと思っていましたが
そんなシーンは一切なく、最初から最後まで老人を演じていました。

多少の違和感がありましたが、黒沢の三船に対する信頼と期待の表れでしょうか。

原水爆への風刺喜劇だと思います。あまり笑えるシーンはありませんでしたが、
時々クスとなるシーンが挟まれています。

でも、黒沢作品としてはできのよくない作品ですね。
 

30.11.24

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年11月25日(日)18時14分39秒
  「あさひなぐ(’17)」△アイドル映画としては及第点です。

おじさんには西野七瀬、白石麻衣は乃木坂46メンバーだとわかりますが、それ以外はわかりません。

昔の正月番組のかくし芸大会のドラマコーナーのような演技でしたが、かわいいから許す。

薙刀の師匠を務める尼寺の住職を演じた江口のりこが、ちょっと存在感ありました。
 

30.11.14

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年11月16日(金)22時53分9秒
  「探偵はBARにいる 3(’17)」〇すすきの探偵シリーズは大好きでハヤカワ文庫の全巻読んでいます。

この映画は第1作の小説エピソードをもとにしたオリジナルです。

映画の第1作は小説の第二作が原作です。(ややっこしい)

原作ファンとして、このシリーズの魅力はちょうどいい気持ち悪さです。
結構グロな描写がありますが、ギリ最低限かなという判定。
これ以上はマニアにお任せ、という線引きに引っかかっている感じです。

映画はそこまでの危うい描写はありません。

それなりに楽しめるエンタメ作品になっています。
 

30.11.11

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年11月12日(月)19時02分28秒
  「三大怪獣 地球最大の決戦(’64)」◎ゴジラ&ラドン&モスラ対キングギドラ。

ギリ大人の鑑賞に耐えます。怪獣の対決シーンは完全に子供向けになっています。
カエルのような顔のゴジラも怖さがありません。

ただし、ドラマの部分は大人向けとして成立しています。(突っ込みどころは満載ですが)

 

30.11.5

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年11月 6日(火)06時51分47秒
  「火花(’17)」〇話自体はイマイチ。

でも、菅田将暉と桐谷健太は流石です。

この二人の間の取り方はピカイチ。
 

30.10.16

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年10月20日(土)06時31分36秒
  「祈りの幕が下りる時(’17)」〇東野圭吾原作、阿部寛主演の「新参者シリーズ」完結編。

面白かったです。
ただ、主人公二人の過去と現在が交錯し、人間関係が絡み合い、わかりにくくなっています。

2時間サスペンス好きの父(85歳)は、最初はのめりこんでいたものの、途中からわからなくなって観るのをやめてしまいました。
 

30.10.14

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年10月15日(月)07時11分5秒
  「危(ヤバ)いことなら銭になる(’62)」◎エースのジョーこと宍戸錠主演の活劇コメディ。

にせ札をめぐるギャングやアウトローたちの争奪戦。

浅丘ルリ子がめちゃチャーミング。
パリで柔道・合気道のコーチをしようとアルバイトに励む女子大生を演じています。
アクションシーンもありますが、ほっぺを膨らませたときの表情がとにかくかわいいです。


 

30.10.13

 投稿者:ふじもと  投稿日:2018年10月14日(日)17時34分29秒
  「しとやかな獣(’62)」〇若尾文子主演、川島雄三監督作品。脚本は新藤兼人。

新藤兼人の脚本は室内劇が多いように思います。
本作も最初から最後まで団地の一部屋が舞台です。

息苦しくなるのですが、監督の川島雄三は角度を変え、視点を変えて飽きないように工夫していました。

若尾文子は悪女が似合います。

 

レンタル掲示板
/141